SSブログ
前の3件 | -

岩山の上の散歩道を進む [2020年夏 ザルツブルク]

現在、2020年夏のザルツブルクの話を連載中。

ここは昨日の場所。このケーブルカーの下をめぎがいる道が交差しているので、真下からとか色々ケーブルカーを大きく撮れるところ。しかし、毎年ここで撮っているのだけど、これと思うものは撮れてない。
a0.jpg


ドイツにも撮り鉄みたいなジャンルがあると思うが、電車にしろ植物にしろ日本みたいにたくさんの人がカメラを持って集まったりウロウロしたりはしていない。ここでも写真撮っていたのはめぎだけ。

さて、そこからしばらく歩くと、再び街の方へ右に折れる道と、さらに岩山の上をまっすぐ歩く道とに分かれる。めぎはまっすぐ進むことにした。
b1.jpg


場所はここ。



それからこんな水飲み場のそばを通り…
b2.jpg


こんなところに出た。この前の年にうちのドイツ人と歩いたところ。
b3.jpg


この日は雨で、そのときとは全然違う印象。
b4.jpg


一緒に歩いたことを懐かしく思い出しながら、ふと植物に惹かれてあちこちで立ち止まり、
b5.jpg
b6.jpg


こういうのをF1.8で撮ることに何の意味があるのかと思うが、このときは、雨で傘を差しつつ手持ちでピントを蕊に合わせるということに大真面目でチャレンジしていた。
b7.jpg


雨の日って、晴れの日と比べると見える景色は美しくないのだが、写真に撮ると意外にしっとりと素敵。白い空も、以外に悪くないなあと今は思う。
b8.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

ザルツブルクの岩山の上を散歩 [2020年夏 ザルツブルク]

今日からまた2020年夏のザルツブルクのお話を。話は滞在4日目の午後、ノンベルク修道院を見終わってから。

修道院を出て、丘と言うかMönchsberg(メンヒスベルク)という岩山の上を歩きながらザルツブルクの街を見下ろす。
a1.jpg


雲があんな下に。
a2.jpg


雨は止まなかった。
a3.jpg


ここ、いつも写しながら、冬は雪が多いのかな~と思う。同時に、この配線、何のためなのかな~とも。
a4.jpg


岩山の上と言っても舗装されてて歩きやすいところ。
a5.jpg


この石はたしかサウンドオブミュージックにも出てくる。ここがノンベルクとザルツブルクの境界だったらしい。
a6.jpg


それからこんな分かれ道に到達する。下へ行くと街に降りる。上に行くとホーエンザルツブルク城塞まで登って行ける。城塞へ行くつもりはなかったが、もうしばらく上を歩くことにした。
a7.jpg


場所はこの辺。



それからまたしばらく行くと、再び町が見下ろせるところに出る。
a8.jpg


↑上の写真の右端のちょっと右辺りに、ザルツブルクの有名なグロッケンシュピールの塔が見えた。望遠でパチリ。実は今日の写真の一枚目の真ん中にも写っているが、これは移動してきてから撮ったもの。
a9.jpg


その辺りからも下へ降りる道があるのだが、めぎはさらに上に留まった。すると、城塞へ上るケーブルカーと交差する。
a10.jpg


もう5年以上何回も何回も歩いているところなので、どの道がどこへ行くか知っているので目新しさはないが、雨の中ここを歩くのは初めて。散歩はまだまだ続く。
nice!(24)  コメント(6) 

工場地帯のライン河畔の風景 [NRW州の風景]

数回に分けてお伝えしてきたルール工業地帯の景色の話は本日最終回。

この工場の方へ歩いて行ったのだが…
a1.jpg


そっちよりも周りの景色の方が面白くてあれこれと。鳥がいっぱい飛んでいた。
a2.jpg


ライン河と反対側には蒸気・煙がいっぱい。
a3.jpg


鳥たちはジャグジーがお嫌いのよう。
a4.jpg


振り返ると、この日登ったアルズーマーベルクが見えた。あ、またコークス炉から蒸気が上がり始めたわ。
a5.jpg


で、こんなのを写し、そろそろ戻ることとする。
a6.jpg


途中で、雲や水蒸気でできた影や光の筋が綺麗だった。
a7.jpg


山の登り口のところまで戻ってきた。
a8.jpg


そこからもうしばらく河畔を歩いて駐車場まで戻る。このとき朝の7時50分頃。そろそろ犬の散歩の時間のよう。
a8a.jpg


たくさんの犬を連れた人たち。この中の大きな白い犬があそこからめぎたちのところまで駆け上ってきて、わんわんわんわん吠えまくり、かなり気分が悪かった。
a8aa.jpg


まあ嚙みついたりはしないだろうと思ったけど、何しろこんなに大きいんだもの。飼い主のところから離れてこんなに遠くまで駆けさせるなんて、ドイツ的には躾が行き届いていない犬ということでかなりNG。と言っても、この辺りに住んでいる人は外国人労働者が多いわけで、なかなか昔のようには行かないのかも。でも、うちのドイツ人は、コントロールが利かないなら繋いでおくべきだ、とかなり怒っていた。
a8aaa.jpg


さて、工場のすぐ近くまで戻ってくると、火がついていた。コークスを作る際に出るガスをこうして外に出すらしい。
a9.jpg


ガスが勿体ない気がするわねえ。
a10.jpg


そして最後の蒸気。いっぱいコークス作ってるわねえ…そのコークスで鉄鋼を一日に6万トンを生産しているのだとか。
a11.jpg


以上で工場の写真シリーズは終了。
nice!(22)  コメント(6) 
前の3件 | -