SSブログ
前の3件 | -

明るい夜のザルツブルク [2021年夏 バイロイト・ザルツブルク音楽祭]

現在、2021年夏のザルツブルクの話を連載中。

夕食を終えて、大聖堂前の広場に戻ってきた。
DSC_6000_001.JPG


素敵な空と光だったのだけど、イマイチ伝わらないな…
DSC_6003_001.JPG


チェスをやっている人たちがいた。
DSC_6008_001.JPG


ちょうどまだ光の当たっている要塞を見上げてパチリ。
DSC_6013_001.JPG


よく見ると、このケーブルカー、凄い急斜面ね。
DSC_6014_001.JPG


それから大聖堂の前を通って…
DSC_6019_001.JPG


音楽祭の会場の方へ。
DSC_6020_001.JPG


この日(8月5日)の夜は、めぎたちは音楽祭の予約をしていなかったが、コンサート3つと演劇1つと映画が1つ上演されることになっていた。この会場を使うのは21時からのソコロフというピアニストのソロコンサート。20時ぐらいのこのときはまだ誰もいなかった。
DSC_6021_001.JPG


音楽祭会場(写真で右に写っているクリーム色っぽい建物)の向かい(写真では左にほんの一部写っている白い建物)はコレーギエン教会という教会なのだが…
DSC_6022_001.JPG


その隅にホームレスと思われる人たちがテントなどを張っていた。
DSC_6023_001.JPG


華やかな音楽祭の開かれているザルツブルクの暗黒面。でも、それを排除するわけではなく、ありのまま。こういう人たちがいても、その人たちが何をするわけでもなく、ザルツブルク、治安はすこぶる良い。ドイツよりいいかもと思うほど良い。昨日のかつての死刑執行人の住まいと売春宿のある通りも、夜中に歩いても特に問題はないと思う。と言っても中央駅の反対側の方がどうなのかはめぎは行ったことが無いのでわからないが…ヨーロッパはどの街も、デュッセルドルフも、中央駅周辺はあまりいい雰囲気ではなく、めぎは大きい街では駅周辺のホテルには泊まらない。それでも、イタリアなど南欧と比べたら、オーストリアやドイツは基本的に特に危険はない。普通にちょっと気をつける程度のことである。

大学広場では、なにやらパーティーが開かれていたのだが、たぶんその参加者の子どもと思われる女の子が…
DSC_6038_001.JPG


泉と遊んでいた。
7LSoeWXJ1SB1vDCNxz6s1631819422-1631819539.gif


以上、8月5日のお話はこれでおしまい。
nice!(10)  コメント(3) 

ちょっと怖い通り [2021年夏 バイロイト・ザルツブルク音楽祭]

現在、2021年夏のザルツブルクの話を連載中。

夕食を終えて、外に出てきた。
DSC_5995_001.JPG


あそこに座っていたのね~
DSC_5987_001.JPG


昔はここからも入れるようになっていたのかもね。
DSC_5988_001.JPG


さて、この辺りの建物は非常に古く、レストランの建物も築400年以上だとのことだが、この通りはちょっと怖い歴史もある。レストランの隣の建物には、かつて死刑執行人が住んでいたというのだ。そしてその死刑執行人たちが売春宿もしていたのだとか。
DSC_5989_001.JPG


そのうちの一つが今も営業中のはずだったのだが…ここね。
DSC_5991_001.JPG


でも、コロナの所為か、閉まっていた…
DSC_5990_001.JPG


窓は開いているのだが、人が住んだりしているのかな…
DSC_5993_001.JPG


まだ明るいけど、このとき20時ごろ。夜はここ、どんな感じかなと思っていたが、朝と同じだった。暗くなったらずいぶん雰囲気が違うのかもしれないけど。
DSC_5994_001.JPG


ヨーロッパでも、死刑執行人や毛皮職人などはかつて差別を受けていて、住んでいる一帯は街はずれで物騒なところだった。今は普通に歩ける観光地の中にあるが、まだ名残があるというのが非常に興味深い。
nice!(24)  コメント(6) 

メインとデザート [2021年夏 バイロイト・ザルツブルク音楽祭]

現在、2021年夏のザルツブルクの話を連載中。珍しくレストランへ行っているところ。

19時を過ぎるとほぼ満席となった。
DSC_5977_001.JPG


さて、メインディッシュ。めぎたちは普通のメニューに載っているものではなく、本日の料理として紹介されたものから選んだ。と言ってももう名前は憶えていないし、レシートを見ても「料理」と書かれているだけで名前が書かれてなくて、材料などうろ覚えなのだが、これは仔牛肉のハンバーグのような感じのもの。下にはマッシュポテト。上にはカリカリのニンニクとオニオン。かなり濃厚な味付けで、ものすごく美味しいのだが、ものすごく大きくてしかも2つもある…(さらにビール2杯目)
DSC_5971_001.JPG


うちのドイツ人のは、豚肉のローストのようなもの。脂身の部分はカリカリ。付け合わせの白く丸いのはパンの団子。これも、美味しいのだが、かなりの量…
DSC_5973_001.JPG


ガッツリとスープを先に食べた所為でとても食べきれず、ダメもとで「持ち帰りできますか」と聞いたら「もちろん」と包んでくれた。コロナで居酒屋やレストランは長いこと営業禁止で、テイクアウトのみOKだったので、持ち帰るための容器も揃っていたのだ。で、有難くどちらも半分ぐらい持ち帰り。

そして、消化を助けると言われる蒸留酒を。めぎのはZirbel(英語ではstone pine)という松の一種の松かさを原料に作ったもので、うちのドイツ人の透明のはアンズの蒸留酒。
DSC_5979_001.JPG


…ふと見たら美味しそうなアプフェルシュトゥルーデルを頼んだ人がいたので、欲しくなって二人で一つ。美味しかった~♡
DSC_5981_001.JPG


で、もうはちきれんばかりにお腹いっぱいになり、お勘定。二人で64ユーロだった。
DSC_5983_001.JPG


中も人でいっぱいだった。これ、たまたま撮れていた写真。電源消し忘れ、たまたまシャッターが押されたようだ。カメラを持ち替えたり肩にかけ替えたりしていたからだろうと思う。
DSC_5985_001.JPG
nice!(27)  コメント(6) 
前の3件 | -