SSブログ
前の3件 | -

ヴィサンブールの散歩~その3~ [2022年秋 ヴィサンブール]

今日は2022年秋のドイツとの国境の街フランスのヴィサンブールのお話を。

散歩して、ちょっと高台に登って町を見下ろしていたところ。
DSC_7684_001.JPG


こんな屋根が見えたり…
DSC_7675_001.JPG


蔦が茂った古い家を見下ろしたりし…
DSC_7670_001.JPG


下ってその家の方へ行ってみた。
DSC_7696_001.JPG


庭でバラが美しく咲いていた。10月の終わり頃で、こんな秋も深まった時期にバラが咲いているところが見られるなんて、と言いながら写していた。
DSC_7689_001.JPG


庭にはルバーブが生い茂り…
DSC_7693_001.JPG


リンゴがなっていた。
DSC_7694_001.JPG


そして、リンゴがたくさん落ちて、ちょっと腐って、酸っぱい匂い(臭い、と書いた方がいいかも)が立ち込めていた…ここ、空き家なのかな。
DSC_7695_001.JPG


美味しそうなのに、勿体ないな。でも、ちょっと遠くて手が届かなかった。
DSC_7698_001.JPG


今いるところはこの近く。



近くをこんな車が通って行った。ドイツナンバーだった。このPSはよく見かけたのだがラインラント・プファルツ地方のPirmasensという町のこと。ラインラント・プファルツ地方のナンバーはよく見かけ、お隣ドイツの国境の州からフランスの国境の街へたくさん遊びに来ているんだなと伺えた。
DSC_7701_001.JPG
nice!(7)  コメント(3) 

ツークシュピッツェ山頂の国境 [2022年夏 ガルミッシュ]

今日は2022年夏のツークシュピッツェ山のお話を。

ここがツークシュピッツェ山の頂上。
DSC_5347_001.JPG


素晴らしい眺めだが、夏で雪がなく、灰色の世界。青空だから素晴らしいけど、曇りだったら死の世界にも見えるかも…
DSC_5346_001.JPG


下を見ると、短めのロープウェイ。
DSC_5348_001.JPG


これはめぎたちが今登ってきたところ、つまり登山電車の駅と最後のロープウェイの駅だったと思う。
DSC_5349_001.JPG


その横へもロープは見えないがなんらかの移動か通信用の手段と思われるものが。ゴンドラ用なのかリフト用なのか…?スキー用なのかな…影が面白いなあと思ってクローズアップしたが、よく分からないわね。
DSC_5350_001.JPG


地面、滑りそう…怖そう…
DSC_5353_001.JPG


さて、今立っているところの真下には、麓からまっすぐ頂上まで登れるロープウェイや、めぎたちが乗ってきた登山電車の麓の駅が見える。左に見えている湖がEibsee(アイプゼー)で、見えてないが右にずっと行ったところにガルミッシュの街がある。
DSC_5357_001.JPG


右側にはそのロープウェイの終着駅があり…
DSC_5358_001.JPG


左側にはオーストリア側のロープウェイの駅と展望台。
DSC_5354_001.JPG


山頂はドイツとオーストリアの国境。下の地図で言えば、めぎは上のEibseeのところ(ドイツ)から下へ伸びている線を上ってきたのだが、左横のObermoosというところ(オーストリア)から登ってくることも可能なのだ。



頂上の位置関係は、こんな感じ。これはこちらからスクリーンショット。右がドイツで左がオーストリア。めぎはちょうどその間ぐらいにいるのだ。
Bild1.png


先日のコメントで、頂上をドイツ側がオーストリアから購入したというお話があったが、めぎはその辺については全く分からない。もともとこの場所は500年前からバイエルン領だったようだし、1844年にバイエルンとチロルとの間で条約を結んで国境を決めたようだが、オーストリアのフランツ・ヨーゼフ1世が1854年エリザベートと結婚する際にバイエルンのルートヴィヒ王(当時は子供でまだ王ではなかったが)に譲ったという伝説もあるようだ。頂上の十字架も歴史の中でいろんな事情で移動し、つい最近まで何度も建て替えられている(司祭が建てたり天候で傷んだり終戦時にアメリカ兵によって壊されたりロープウェイ建設時に損傷したりイスラム教の礼拝堂が立ったりなど、色々あったようだ)。


これはオーストリア側から見たツークシュピッツェ山。上の地図とは向きが違い、左端にEibseeがあり、その左にガルミッシュがある。
Bild2.png


いつかザルツブルクから一日遠出をして行ってみようかなと思ってGoogle Mapで行き方を調べてみたが、公共交通機関を使った場合、一度ミュンヘンに出てガルミッシュを通って再びオーストリア入りをするのが最も早いようだ…しかし麓近くのEhrwaldという街の駅まで4時間近くかかる…なんだかそれはちょっとなぁ…インスブルックまわりでも、そこからガルミッシュまわりを勧められる…4時間半かかる…むむむ。
nice!(25)  コメント(6) 

寒いときのドイツ料理 [食べ物・飲み物]

今日はめぎ家のお話を。

先週末、金曜日のマルクト市場でうちのドイツ人が嬉しそうに買ってきた大きな袋3つ。(めぎはその日、仕事のため市場に行けなかった。)
DSC_5387_001.JPG


それはグリューンコールという野菜。日本語ではケールというらしい。本来はかなり大きな野菜で、一から切って洗うと凄く大変らしい。それでうちのドイツ人は農家が予め小さく切ってぎゅうぎゅうに袋詰めにして売っているものを買ってきている。
DSC_5395_001.JPG


その他に用意したのはオレンジと…
DSC_5396_001.JPG


54%のラム酒など。
DSC_5397_001.JPG


この日、うちのドイツ人の従妹とその息子を招いて小さな家族の集いをした。まずは料理に合わせてめぎ家としては珍しくビールで乾杯。
DSC_5399_001.JPG


用意したのはデュッセルドルフの地ビール・アルトビールで、8つの地ビール醸造所がある中のシューマッハーというメーカーの物。(8つのうちの1つは廃業したらしいが。また、ミハエル・シューマッハーとは関係ない。)
DSC_5398_001.JPG


なぜシューマッハーにしたかというと、Bügelverschluss(日本語ではフリップトップというらしい…形状はこちらをどうぞ)の栓のを買いたかったし、シューマッハーの醸造所が割と近くで車で箱で買いに行きやすかったし、8つの中でもそこの味が結構お気に入りだからなのだが、アルトビールとデュッセルドルフのサッカーチーム・フォルトゥナ命の生粋のデュッセルドルフっ子である従妹の息子によると、この瓶の大きさが最も新鮮さを保つとかで(同じような栓のを売っている別のメーカーのは瓶が小さすぎる)、これを選んだめぎたちは大いに褒められた♪
DSC_5402_001.JPG


さて、そのビールに合う料理とは、グリューンコール。さっきの緑の野菜をラードで炒めて生ハムから剥いだの豚の皮とともにじっくりと数時間煮込み、最後に豚塩漬け肉やベーコンの厚切りやソーセージを上にのせて仕上げる料理。今回大皿に肉やソーセージを盛り付け、各自好きなだけ好きなものをとって食べることとした。
DSC_5406_001.JPG


めぎは塩漬け肉一枚とうちのドイツ人から分けてもらった一口ずつのベーコンとソーセージでおなかいっぱいだったけど、若者はベーコンも塩漬け肉もソーセージ2本半も平らげた。グリューンコール自体も小さく切ってオーブンで焼いたポテトもどっさりお代わりしてたし、相当に美味しかったらしい。この料理、決め手は塩気の塩梅と肉やソーセージの品質にかかっていて、マルクト市場で買った肉は本当に素晴らしく、従妹と息子の二人に絶賛された。
DSC_5410_001.JPG


従妹と息子に会うのは12月のクルレンツィスのコンサート以来である。家族の集いなので、お互いのかなり歳とった母親のこと(母親同士が姉妹)が話題の中心で、従妹の母親を彼女がもう60年以上住んでいる黒い森地方からデュッセルドルフに引き取るかどうかという話や、うちのドイツ人の母親の来年の90歳の誕生日をどうやって祝うかというような話をしつつ、冬休みの旅のことやら最近引っ越した息子の住まいのことやら、話はあちこちに飛んで盛り上がった。話は最後には政治や戦争のことにも及び、人の命を守るという最も大切なことを最優先させた場合(つまり領土を守ることよりも人命が大切という立場に立つと)、装甲車ではなく戦車を供給することの是非はどうか、という議論にも発展した。めぎが感心したのは、この若い息子がそういうことをキッチリ考えているということだった。

さて、その後は今回のハイライト、Feuerzangenbowle(フォイアーツァンゲンボウレ)のお時間に。
DSC_5419_001_01.JPG


Feuerzangenbowleとはグリューワイン(スパイシーな甘いホットワイン)を作る鍋のことで、赤ワインとオレンジなどのフルーツとクローブやシナモンやショウガなどを入れた鍋を温めながら上にZange(ツァンゲ=本来はペンチとかトングという意味、今日の記事の上から4枚目の写真の手前に写っている器具)を置き、その上に載せたZuckerhut(ツッカーフート=砂糖の帽子という意味)に54%のラム酒をなみなみとかけて火をつけて砂糖を溶かして下の鍋に落としてグリューワインを作るものである。電気を消してその火の色とジュジュッジュジュッという砂糖が解けて落ちる音を楽しんだ。
DSC_5438_001.JPG


炎は結構高く上がるし鍋いっぱいに広がるので、まわりに注意。また、酔っ払ってから作るのもあまりお勧めできない。
DSC_5445_001.JPG


結構長い間火が燃え続け、やっと火が消えた。砂糖はこんなに残っていたが、2リットルのワインは十分甘くなっていた。
DSC_5447_001.JPG


オレンジの酸味とスパイスの香りがとても美味しく、この後もおしゃべりに花が咲いた。おつまみに従妹がシャンパントリュフとマカロンを持ってきてくれたのだが、美味しいけどグリューワインとはめぎには甘すぎた…
DSC_5449_001.JPG


以上、寒い時期だからこそ楽しめるドイツならではの料理。どちらも有名だが、どちらも最近の若い人たちは経験がない。グリューンコールは最近のベジタリアンの多い若者たちには全く向かないし、フォイアーツァンゲンボウレは古い映画のタイトルでもあるのでもう古い時代のものという印象もあるし、グリューワインは出来合いのを買ってきて温めるだけで飲めるからだ。従妹の息子が美味しく食べて美味しく飲んでとっても楽しんでくれて何より。
nice!(31)  コメント(10) 
前の3件 | -