SSブログ
前の3件 | -

部屋に家具などを戻す作業 その1 [めぎ家改装中]

今日はうちのドイツ人の部屋の改装の続きのお話を。

床張りのマイスターさんにお願いしてペンキ塗りもしてもらったのが、先日書いたように一部頼んでいないように塗られていたので、うちのドイツ人の希望通りに一部塗り直し。その70%ぐらいはうちのドイツ人が自ら作業。
DSC_5984_001.JPG


うちのドイツ人にはまだできない動きがあるので、残りの10%ぐらいはめぎが、後の20%ぐらいはうちのドイツ人の友人が塗り直した。

再び来てくれた友人。女性だけどトレーラーハウスに住んでてガテンはかなりお手の物。
DSC_5991_001.JPG


別の部屋みたいになったうちのドイツ人の部屋。
DSC_6144_001_001.JPG


そろそろ長年の夢だったピアノを弾きたいとのことで、電子ピアノを彼の望むように設置。この置き方、外を眺めながら弾きたいのだそう。実際弾いたら初心者の彼にはそんな暇はないと思うんだけど…
DSC_6148_001.JPG


リビングにベッドを置いていた期間、バルコニーが見える配置で鳥たちの様子や雲の動きが観察できて楽しかったので自分の部屋でもベッドは外を見る配置にしたいと言っていたが、実際一度置いてみたら部屋に入るなりベッドの背があって檻があるかのように威圧感があって、もとの配置に戻した。
DSC_5994_001.JPG


ベッドの横の引き出し整理ダンスは、カーペットを剥がした去年の9月に場所を移動してあって、それ以来ずっとうちのドイツ人はベッドの横に本など置く場所として椅子を使用してきた。また、腰を痛めてからはその椅子の背を立ちあがるときにつかまるものとして使用してきた。それがこうしてまた整理ダンスを置けるようになって、感無量。
DSC_6151_001.JPG


床がピカピカで知らない部屋のよう。ベッドの下には現在行き場のない絨毯を丸めて置いてある。
DSC_6157_001.JPG


部屋の隅には、うちのドイツ人が父親の遺品からもらい受けたDienerがある。Diener(ディーナー)とはディナーではなく召使という意味なのだが、こうやってシャツや上着やズボンをかけ、時計などを置いておくもの。
DSC_6155_001.JPG


さて、この部屋は元々はこんな感じだったのだが…
DSC_5186_001_01.JPG


奥にあった仕事用の机と本棚は今もリビングに置きっぱなし。彼はリビングで仕事をしてとても居心地がよかったそうで、しばらくはそのままにしたいとの希望。
DSC_6034_001.JPG


それから、もともとこの部屋には物入として使っていたタンス(右端)があり、その隣には去年の8月頃の廊下の床の張替え時から廊下のクローゼットが臨時にから設置されていたのだが…
DSC_1493_001_01.JPG


物入れタンスは長いこともともとクローゼットがあった位置にこんな形で置きっぱなしだったのだが…
DSC_5219_001.JPG


マイスターさんに頼んでアパートの階段の踊り場に組み立てて撮影して、中古としてeBayで売却。うちのドイツ人は断捨離して入れる物を思いっきり少なくしたのだ。もっと小さい物入れタンスをアンティークで探しているところ。
DSC_5829_001.JPG


そしてクローゼットの方は元通り廊下の隅に設置。その前には元通りカーテンを。
DSC_6158_001.JPG


それからようやく廊下の本棚の設置に取り掛かった。4つの本棚が2つずつこんな風にリビングに3重にして括り付けてあったのだが…
DSC_5199_001_01.JPG


1つを移動。
DSC_6000_001.JPG


2つ目は友人とめぎが力尽きて解体しただけで終わり…
DSC_6005_001.JPG


本はリビングに置いてある。
DSC_6003_001.JPG


この日はここで作業を終了し、またの機会に持ち越しとなった。友人はまた来てくれるという。ありがたいことだ。
DSC_6160_001.JPG


ここに本棚を置いちゃうのが勿体ないな~せっかくの床なのに。
DSC_6161_001.JPG


そんなわけで、続きはまたそのうちに。

最後に、めぎ家のドアを出たところには長い長い間こんなのが積まれていたのだが…
DSC_0642_001_01.JPG


今は全て無くなった。全部うちの中に敷き詰めたんだなあと思うと感慨深い。
DSC_6162_001.JPG
nice!(20)  コメント(5) 

チュニジアのお土産 [食べ物・飲み物]

先日、チュニジアの人からお土産を頂く機会があった。トルコのチャイを用意していただくことにする。と言っても入れ方はイングランド風だけど。
DSC_5870_001.JPG


中はこんなにいっぱい。
DSC_5872_001.JPG


甘くてめぎにはほとんど食べられない…でも、ナッツ系の塊なので、うちのドイツ人は喜んで一日に1~2つずつ地味に消化していっているようだ。薔薇の香りのお菓子もあって、ホント異文化。
DSC_5874_001.JPG


頂いた頃、ちょうどラマダン明けのお祭りがあった。何人かのイスラム教徒の生徒たちがその日事前にお休みを申請して学校を休んでいた。次の日、とっても楽しかったとにっこり。こういうのをいっぱい食べるのかなぁ。世の中にはまだまだ知らないことや知らない味がいっぱいあるんだよなぁ…

めぎ、多忙にて今日はこれのみ。
nice!(33)  コメント(10) 

八重桜の散り始めの頃 [小さな出来事]

今日も桜の風景を。

一昨日の記事の桜が満開だった4月6日と昨日の記事の散ってしまった4月17日の間の4月13日に、ちょっとだけど写真を撮ってあった。
DSC_5937_001.JPG


ああもう散り始めちゃったなと思いながら。
DSC_5943_001_01.JPG


近くに咲く青い花が美しかった。
DSC_5881_001_01.JPG


ここで雁などの野鳥たちが元気だったので、動画を撮った。手持ちなので時々揺れてるし、意図したようにできなかったこともあるけど、久々に編集したのでよろしかったらどうぞ。途中で雁の声を入れてある。



近くにはリンゴの花かな?白い桜に似た花がきれいに咲いていた。
DSC_5929_001_01.JPG


カメラはAPC-CのZ50で、レンズはキットの70-250mmのお手軽望遠ズームレンズ。ちょうど満開になりかかったところで、撮影できてうれしかった。
DSC_5912_001_01.JPG
nice!(30)  コメント(9) 
前の3件 | -