SSブログ

日曜日の散歩の風景から [小さな出来事]

ここはめぎ家から約200メートルのところにあるデュッセル川。あぁ、早くも実がなってきたなあと思いながら撮ったのは6月9日のこと。
DSC_7209_001.JPG


この日は晴れて、光が眩しかった。
DSC_7213_001.JPG


近くにミツバチの巣箱があるので、忙しそうな蜂さんがぶんぶん飛んでいる。
DSC_7225_001.JPG


近くの花壇に蜂さんが好きそうな花を植えてあるようで、ここで集めたはちみつを買いたいなと思っているところ。
DSC_7215_001.JPG


同じような色合いだけど、別の花もある。
DSC_7220_001.JPG


この野ばら、ハマナスの仲間だけど、なんとなくめぎの印象ではハマナスって浜辺にある花というイメージだったのだが、ドイツではこうしてあちこちにある。
DSC_7229_001.JPG


うちのドイツ人はこれまでこの200メートルの往復までが歩く最長記録だったのだが、つい先日、この半年間延期に次ぐ延期を重ねてきた歯のチェックとクリーニングの予約で歯医者に行き、一気にその記録を2.5倍更新した。500メートル歩くのに15分ぐらいかかったとのこと。行けばそれで終わりではなくそれなりの時間あまり居心地の良くない姿勢でクリーニングしなければならないし、その後また歩いて帰って来なければならない。それを一人で全部やり遂げた。その後それほど痛みもなかったのが何よりうれしい。

さて、次の写真は上の写真の一週間後、6月16日の撮影。曇り。
DSC_7295_001.JPG


やっぱり紅葉が始まっていた。この頃の低い気温の所為なのかな…
DSC_7292_001.JPG


長期予報だと7月終わりまでずっと22℃前後の予報。その通りだったら、夏の暑さがずっと欠けたままになる。まあ過ごしやすいし雨も多いから水不足の心配もないのだけど、ずっと低気温だとそれはそれで農作物が心配だわね。
nice!(27)  コメント(8)