SSブログ

部屋の物を元に戻す作業 その4 [めぎ家改装中]

今日は5月10日~11日のお話を。

床の張替えに伴うめぎ家改装もほぼ終わりに近づいた。再びうちのドイツ人の友人に一日200ユーロで来てもらい、この日はまずCDの棚を元の位置に設置する作業から。CDを棚から出してとりあえずここに置く。
DSC_6505_001.JPG


そして3つの細長い棚を廊下に設置。
DSC_6508_001.JPG


というとすごく簡単に聞こえるが、床の張替えに伴い床が少し高くなったので、以前と高さがずれている。それで棚を壁に固定するための穴の位置も合わなくなったし、細かい調整がたくさん。この写真の部分はめぎにも友人にもどうしようもなく、いつか(早くても来年以降)うちのドイツ人がそこまで回復したら自分で改めて微調整をすることとし、とりあえず設置。
DSC_6507_001.JPG


それからこちら。
DSC_6503_001.JPG


リビングの壁にドリルで穴をあける。壁は石でできているので、ドリルでも一苦労。そこにギプスを埋め込み、ネジを固定するためのDübel(日本語だとなんというのか分からないのだが、英語でWall plug)を入れ、数時間放置。
DSC_6504_001.JPG


後程モニターを取り付けるための器具を途中まで設置したが、この日はまだギプスが完璧に乾いてはいないので、モニター自体の取り付けは次の日に持ち越した。
DSC_6537_001.JPG


そして、話は前後するが、穴をあけるより前にしたことは、もともとこういう状態だったのを…
DSC_6285_001.JPG


こういう状態に。つまり、壁に掛けてあった緞帳を右に移動。
DSC_6502_001.JPG


そして、モニターの設置に伴い、本棚とPCも左右反対に。
DSC_6535_001.JPG


疲れたわ~

しかし作業は続く。なんと言っても大変だったのはベッドの位置を30cmほど移動することだったのだが、めぎと友人とで知恵を振り絞ってあまり力を使わずにやり遂げ、ハイタッチ。その後友人は、うちのドイツ人の寝室の電気の中継器具の取り付けをしたり…
DSC_6520_001.JPG


あの22ユーロで落札したアンティークのドアの修理をしたり。
DSC_6529_001.JPG


いっぱい働いていただいたお礼に、200ユーロとは別にいつもめぎがお昼に日本食を作っていたのだが(これまで3回、ベジタリアンでグルテンアレルギーの彼女のためにご飯と豆腐と野菜の食事をあれこれ作った)、この日のお昼は簡単にパン(友人は食べられるパンを自分で持参、めぎ家は朝のうちに買いに行ったバゲット)とチーズで済ませ、夜に一緒に白アスパラパーティーを。奥にハムが並んでいるが、それは友人は食べていない。この他に前菜として蕪の浅漬けとカプレーゼを作ったが、撮り忘れ。友人はこの後車で帰るのでお茶を飲んでいる。これ、夜7時ごろの撮影だが、まだこんなに明るい。
DSC_6539_001.JPG


そして次の日、ギプスが完全に乾いたので、めぎとうちのドイツ人とでモニターの取り付け。めぎがモニターを持ち、うちのドイツ人がなんとかネジを取り付けた。
DSC_6637_001.JPG


完成!
DSC_6639_001.JPG


リビングでうちのドイツ人が仕事をすることになって、めぎがうちにいる場合はキーボードを打つ音がお互いに聞こえるすぐ隣同士で仕事をするということになったのだが、まあお互い仕事に集中しているし、何かあればめぎをすぐ呼べるし、仕事と寝室を分けることができて気分転換に良いし、うちの中で最も綺麗で最も涼しいリビングで日中を過ごすのはうちのドイツ人にとってとても幸せのようだ。今はアオガラの雛の声もずっと聞こえるしね。

唯一残念なのは、折角の緞帳の前にテレビが設置されていることなのだが、今のところテレビを置ける場所がここ以外にないし、まあ仕方がない。この件はそのうちにまた考えることとした。
DSC_6643_001.JPG


CDはうちのドイツ人が少しずつ自分で棚へ片付けていっている。これもリハビリだと言いながら、ゆっくりゆっくりと。
DSC_6644_001.JPG


リビングの床の張替えを始めた2020年5月から、なんと4年がかりで完成。
DSC_6650_001.JPG


ずっとつなげると綺麗だよねということで↑上のようにリビングから廊下、廊下からうちのドイツ人お寝室までずっと切れ目なく敷居なく板を敷いたのだが、期せずして完全なるバリアフリーになった。まあそうは言っても階段無しの4階なので、歩けなくなったらここには住めないのだが。こうして見ると本物の木の床があまりにも美しくて、めぎの部屋もやっぱりこの床にしておけばよかったなあなんて思ったりするが、めぎの部屋だってIKEAのお手軽フローリングで十分綺麗になったし、もうこの作業はしたくない。
DSC_6664_001_01.JPG


部屋が片付き、リビングが元通り綺麗になって感無量。
DSC_6666_001.JPG


このアパートが解体なんてことにならない限り、どちらかが歩ける限りはこの状態で晩年を過ごすことになるのだろうと思う。元気なうちに、そして金銭的に潤っているうちにやり遂げられてよかったな。
DSC_6667_001.JPG
nice!(27)  コメント(10)