So-net無料ブログ作成

塔やら記念碑やら眺めやら [2019年夏 ザルツブルク]

現在、この夏のザルツブルクの話を連載中。

昨日からご紹介しているこんな眺めの見えるビューポイントは、ザルツブルクのホーエンザルツブルク城が立つメンヒスベルクの城壁の一部、Richterhöhe(リヒターヘーエ)というところにある。
b1.jpg


その塔の全体像を写すのは忘れたが、これはその入口部分。
b2.jpg


なかなか味のあるこの部分をあれこれと撮影した。
b3.jpg
b4.jpg


展望台の隅に、こんな記念碑が立っていた。この場所Richterhöheの由来となったリヒターさんである。
b5.jpg


オーストリアの地理学者・歴史学者・登山家で19世紀後半にザルツブルクの高校教師だったというこの人は、この近くの別の塔を住まいとしていたらしい。その塔はここへの散歩の最初に写していたこちら。
a10.jpg


余談だけど、オーストリアでは高校教師をプロフェッサーと呼ぶ。だからめぎもオーストリアではプロフェッサー。なんかちょっと嬉しい♪

それからめぎたちはここをあとにして・・・
b6.jpg


建物の間の小道を通り抜け・・・
b7.jpg


暫く行くと下が見渡せるところに出た。こちら側は祝祭劇場の裏の岩山を抜けた反対側で、住宅街。
b8.jpg


そこからまた暫く進むと、先日夜にエレベーターで山に登ってちょっと暗がりを歩いて城壁のあたりまで来た、その城壁のところに出る。
b9.jpg


そして、ザルツブルク旧市街側のビューポイントに到着。あ、人がいる~このとき8時半。この辺りまで来ると、ジョギングの人や犬の散歩の人などに次々と出会う。
b10.jpg


つづく
nice!(23)  コメント(5)