So-net無料ブログ作成

8月11日のこと [2019年夏 ザルツブルク]

現在、この夏のザルツブルクの話を連載中。

うちのドイツ人が来て3日目の8月11日、日曜日のこの日は11時からのマチネー(昼のコンサート)に行った。場所はモーツァルテウム(ザルツブルクの音楽大学)のこのホール。
a1.jpg


このホールは休憩時間に中庭の魔笛小屋(モーツァルトがオペラの魔笛を作曲したと言われる小屋、もちろん移設してきたもの)に行けるのが楽しい。
a4.jpg


と言ってももう何度も見たので小屋の中を見る気はなくて、木陰で外の空気をちょっと楽しみ、休憩が終わる前に席に戻った。
a5.jpg


この日の演目はモーツァルトづくしで、まずB-Durのディヴェルティメントにピアノコンチェルト第27番。写真はピアニストのFrancesco Piemontesiとモーツァルテウムオーケストラで、休憩前に撮ったもの。このあとこのピアニストさんがアンコールに2曲も演奏したのだけど、モーツァルトではないもっと新しい曲(作品名はわからない)を弾いてくれちゃって、素晴らしいのはわかるけど気が削がれちゃった。めぎ的にはホント余計なアンコールだったなあ・・・
a6.jpg


↑めぎの斜め前右に4人のアジア人たち(日本人かも)がいたのだけど、このおじさん、疲れているのか時差なのかほとんど寝ちゃってた。つきあわされたって感じで、なんであの人はここに来ているんだ?ホテルで休むとか外でビールでも飲んで待っていればいいじゃないか、とうちのドイツ人。そうねえ、外にはチケット求むというカードを持った人もいたのになあ。本当に聞きたい人に譲ってあげたいわね。

休憩の後は交響曲第40番、つまり最も有名な曲で、演奏は、うーん、まあまあ。悪くはないけど特に感動はしないというか。ホルンさんもうちょっと頑張ってね、という感じだったし。これほど有名な曲は、聞くほうがすっかり耳が肥えているから外すと目立っちゃって大変だわよね。終わってすぐに席を立ったので(もちろん指揮者が一度引っ込むまでは拍手したけど、アンコールはもう懲り懲りだったので)、終わったあとの写真はなし。

その後めぎたちは宿に帰り、うちのドイツ人がデュッセルドルフから食べたいと言って持ってきたインスタント冷やし中華(麺を1分茹でて水で洗えば出来上がりでタレも付いているもの)を作った(これはめぎが作る・・・と言ってもトマトやパプリカなどを切ってサラダ風に仕立てるだけだけど)。写真は撮っていない。

そしてまたのんびりと過ごして、18時を過ぎ、生ビールのお時間に。
a7.jpg


ビールを飲んだ後宿に帰って夕食を済まし(写真を撮っていないのだが、残り物をあれこれとつまんだ)、この日は夜散歩に出かけた。
a8.jpg


20時40分頃。
a9.jpg


めぎの泊まることのないホテル・ザッハー。ここの1泊分でめぎの5泊分になっちゃうのでね。
a10.jpg


ここで暮れていく様子をしばし楽しんだ。
a11.jpg


つづく
nice!(23)  コメント(7)