So-net無料ブログ作成

ザルツブルク8月10日のこと [2019年夏 ザルツブルク]

今日からこの夏のザルツブルクの第3部、うちのドイツ人が来てからのお話を。8月9日に到着した日のことは既にサラッと書いたが、今日は10日のこと。

10日の朝は光が綺麗だった。
a1.jpg


ここ、絵葉書ではこんな綺麗に撮れている。ちょっと離れたところから望遠で撮ったようなんだけど、まねしてみようと思っていたのに忘れちゃったわ・・・
a2.jpg


この日は土曜日で、大学広場に市が立つ日。うちのドイツ人は土曜日の朝にザルツブルクを見たことがなかったので(いつも月曜に来るとか金曜に発つとかで土曜日は彼は未経験だった)、それを見せるつもりだったのだ。あら、なんだかかわいい車ね~
a3.jpg


ここでは何も買わなかったけど。
a4.jpg


ここではパンやらなにやらを。ものすごくぎっしりとした黒パンは写し忘れちゃったのだが…
a5.jpg


りんごの揚げ物や・・・
a6.jpg


ブフテルンはパチリ。中は杏のジャムと・・・甘いものが大好きなハチさんがいっぱい。買うときと食べるときは気をつけないとね。
a7.jpg


その他にも野菜やソーセージやお惣菜を買ったのだけど撮り忘れ。

これはずいぶんリアルだわね・・・
a8.jpg


それから一日、どこにも行かず宿でのんびりとしていた。例によってオペラやコンサートの曲や内容の予習をしたり、めぎは撮ってきた写真を見たりなど。うちのドイツ人はめぎがここまでの2週間新聞から彼のために取ってためておいた数独やクロスワードパズルをやっていた。彼はこの前日に800kmを駆け抜けてきたわけだし、その前もずっと忙しかったので、数独のようなどうでもいいことしかしないでのんびりするという時間を殊の外楽しんでいた。そうそう、以前コメントいただいた「安心感」についてだが、ザルツブルクの場合うちのドイツ人がいるかいないかによって安心感に違いはまったくない。ドイツに居るのと同じ感覚だからだ。行ったことのないスロヴェニアやクロアチアでは一人より二人のほうが心強いけど、言葉に関しては両国ともどこに行ってもドイツ語が通じてしまって英語さえ使わずにすんで、行った印象では街の治安に関してもドイツと変わりなく、次回は一人でも安心して楽しんでこられそうである。まあ足の問題はあるのだけど、電車とバスで行けないところでもないし、荷物さえリュックひとつにできて(カメラとレンズを一つだけにするとかして)、ワインのお土産を持ち帰らなければ行けそう。ただ、ザルツブルクはともかく外国は(ドイツとオーストリア以外の外国という意味)、一人より二人のほうがずっとずっと楽しいということはハッキリ言えるわね。うちのドイツ人も一人でどこにでも行けるけど、めぎが興味ないところには彼は興味津々でも行こうとしない。どうしても二人で行って楽しみを共有したいからなんだって。

さて、のんびりしまくった後、16時ちょっと前に近くへ生ビールを飲みに。めぎは濁りのあるのが好みで、うちのドイツ人は透き通ったのが好み。
a10.jpg


近くにいた花輪をつけた女性たち。もしかしたらもうすぐ結婚する人が女友達と独身最後のお祝いをしていたのかも知れない。男性は男性でやはり集まって、飲みまくりの一夜を過ごしたりする。ドイツ語圏にはそういう習慣があるのだ。
a9.jpg


この日の夜は、めぎのリクエストでうちのドイツ人がトマトスパゲティを作ってくれた。そのために自宅からハーブと胡椒を持参してきてくれたのだ。めぎはオリーブオイルと塩を買っておいたというわけである。まあその2つはうちのドイツ人が来る前にも使っていたのだが。上に乗っている白いのは市場で買った山羊のチーズ。この日のワインはオーストリア・ブルゲンラント州のブラウフレンキッシュというブドウの赤ワイン。うちのドイツ人はこれを飲むのを楽しみにしていたのだった。
a11.jpg


昨日みなさまにコメントいただいたお土産のワインについて、たしかに車だからいくらでも持って帰れるわけで、実は旅の前はもっと買うつもりでいたのだけど、最後になったらもういいか~という気になっちゃって(長旅をしていたので現地で十分飲んじゃって特に持って帰りたいという気がしなくなっちゃって)、産地とブドウの種類にだけこだわって数本だけ買って持ち帰ったのだった。ちなみにEU内の旅の場合特に輸出入の制限はないので(関税もないし)、飛行機でも重量さえクリアすればいくらでも持ち帰れる。例えば以前ポルトガルに行ったときには飛行機でポートワイン8本を持ち帰ったのだが、その時はハードスーツケースなども持ってなかったので、Tシャツなどでぐるぐる巻きにして万一割れたときのためにビニール袋にも入れて普通の旅行かばんに入れて預けたのだが、無事に持ち帰ることができた。めぎは日本へもお土産にワインを持ち帰ることがあるし、日本からお酒を持ち帰ったりするが、それも基本は自分でプチプチなどに包んで服の間に入れ込んでいるだけ。今まで割れたことはない。

夕暮れの雲が美しかった。せっかく美しいのにスマホでしか撮っていないけど。
a12.jpg


この日は音楽祭の予定も入れておらず、これでおしまい。
nice!(26)  コメント(8)