SSブログ

恩師夫妻と一回目の散歩 [2024年5月 ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭]

今日は2024年5月のザルツブルクのお話を。

恩師夫妻をお招きしてのザルツブルク。到着が午後遅くてホテルのチェックインの後は夕食で終わり、そもそも雨だったのでどこにもご案内できなかった。2日目は3つコンサートがあるので朝は少しゆっくりし、10時に待ち合わせ。まず最初にお連れしたのが、今回の旅のメインの目的である音楽祭の会場。
DSC_6874_001.JPG


その後、その近くの市場へ。今回の恩師の訪問で最も残念だったのは日程上の都合でめぎがいつも買い物している金曜日のマルクト市場がお見せできなかったことで、その代わりと言っては何だが、ザルツブルクの土曜日のマルクト市場にお連れしたのだ。下の写真の右三角形は数種類のネギなのだが、どれも日本で売られているネギとは雰囲気が全く異なり(緑の部分が圧倒的に多く、万能ねぎより太く、下の部分が玉ねぎみたいにちょっと丸いのや、赤いのもある)、これだけでも物珍しい。
DSC_6856_001.JPG


恩師には見慣れない野菜も。これは3つともアーティチョークだが、これをどうやって料理するのかと聞かれる。これ、デュッセルドルフでお出しする候補にしていたのだが、いつも買うお店でたまたまあまりいいのが売られてなかったので諦めたもの。ここのは良さそうだけど、今度は料理する暇もないし、食べるためのソースも作れない…残念。
DSC_6857_001.JPG


ルバーブもお見せできたし、野菜の売られ方もお見せできたし、お連れできてよかった。
DSC_6858_001.JPG


イチゴが美味しそうだったな…これも買って一緒に食べればよかったかな。
DSC_6880_001.JPG


恩師は現在自分で畑もやっているので、こういう苗にもとっても大きな関心が。こんなトマトの苗は見たことがないなあとか、種はないのかとか、見る人によって同じ市場でも見えてくるものや聞きたいことが違ってて面白い。
DSC_6878_001a.jpg


その苗の屋台があるのは音楽祭の会場の反対側の端っこ。大学広場をぐるりと回ってきたのだ。さっきはあちらからこちらを眺めていたのね、と少し地理を理解していただく。
DSC_6876_001.JPG


場所はこちら。Großes FestspielhausがあるHofstallgasseという通りの少し上にUniversitätsplatzと言う通りがある。めぎたちはHofstallgasseの左端の信号のところから上へ、左へ、下へといびつな四角形を描くようにぐるりと回ってTriangelという名のレストランの辺りまでやってきたのだ。



市場でほんの少し買い物をし(もう多くはめぎが朝のうちに買い物を済ませておいたので、経験程度に)、それからその荷物を置きに一度めぎのアパルトメントに来ていただいた。そこでちょっと一休みし、この日の予定の詰めの話し合いをした。例えば、今回の散歩でホテルからめぎのアパルトメントまで、そしてそこから会場までの距離感も分かったので、音楽祭に行くときの服や靴、バッグなどをめぎのアパルトメントに持ってきて置いておいてその都度着替えて行くことに。そうすると慣れない靴を履いて歩く距離が大幅に削減できるし、暑さ寒さ雨などにも簡単に対応できるからだ。もう前々からメールでそう提案していたのだが、先生方はそういう詰めのことは到着してからその場で決めたいというお返事だった。めぎが歩いて2分程度などと書いても実際来てみないと距離感がつかめなかったし、本当にそうしてよいものか(迷惑ではないかとか)、判断がつかなかったらしい。かつての教え子、それも小学生であっためぎが考えた通りに従うというのは、恩師にとっては非常に大きな立場の変換でもあり、不慣れな場所で自分の意志で全部を決められないことの難しさも多少はあったかもしれない。途中から先生は、今ここではめぎさんが先生、と何度か口にしていたが、それはたぶんその事の現れかなと思う。先生ご夫妻がオープンで何でも吸収しようという意欲に満ちている方々でとても助かった。めぎはお勧めしないことに関してはキッパリそう言うので、それも日本的にはあまりない感じで(先生に対する生徒の物言いとしても、お客様に対するおもてなしとしても)、良く言えば非常に新鮮、悪く言えば自由が利かないと感じた可能性もあるのだが、説得力があるとおっしゃって受け入れてくださった。このとき、いつどの程度の量の食事をめぎの部屋で一緒に食べるか、いつホテルに戻って休憩をとるかなども決めたのだが、先生方にとってもめぎにとっても時々休憩を入れながら、つまり自分の時間やペースを適度に持ちながら、一緒に楽しく過ごせるいい塩梅をうまく見つけようとしていたように思う。
DSC_6900_001.JPG


この日の話、まだまだ続く。
nice!(24)  コメント(5) 

nice! 24

コメント 5

おと

市場って楽しいですね!いちご、美味しそう。白アスパラ、いいなぁ。こちらも、いちごの季節になって、イギリス産いちごが、たくさん並んでいます^^先生ご夫婦、喜ばれたでしょうね♪
by おと (2024-06-04 03:12) 

Baldhead1010

ネギは日本の早採り玉ねぎそのものですね。
by Baldhead1010 (2024-06-04 06:29) 

mm

一番左端のアンティチョークは見たことありますね。
苺が美味しそうです。
by mm (2024-06-04 06:34) 

YAP

小学生だっためぎさんの大人になった姿は、きっと先生からは頼もしく見えたことでしょう。
異国で生活するって、それだけでも私は尊敬します。
その基礎を築いたのは、この先生の教えもいくらか影響しているはずですから、立派な教え子を見て誇らしくもあることでしょう。
by YAP (2024-06-04 08:18) 

Inatimy

互いに心地よく過ごすために、人と人との間も適度な距離感を把握して保つのが大事ですよね。そしてそのための話し合いも^^。
ご夫婦お二人だけの時間も欲しいだろうし、またせっかくお越しになったのだから最高に楽しむためのお手伝いもしたいし♪
by Inatimy (2024-06-04 20:25)