SSブログ

4か月ぶりの散歩の時のこと [小さな出来事]

今日は、先日うちのドイツ人が4か月ぶりに散歩に行った時のこと。
DSC_6935_001.JPG


久々にここにきたら、あれ?見慣れない柵がある…
DSC_6921_001.JPG


中には蜂の巣箱が。
DSC_6919_001.JPG


そうか、うちに最近よく飛んでくる蜂さんたちは、ここから来てるのね。ホント数か月の間にこんな知らないものができているなんて。ほとんど変わらないドイツなのに、こんな近くに、自分たちのテリトリーだと思っていたところに、知らないものがあるなんて。
DSC_6980_001.JPG


ホント、長いこと来てなかったのよね。いつの間にか新緑の季節を越え…
DSC_6931_001.JPG


ノブドウが蕾を膨らませていた。(トリミング)
DSC_6930_001_02.JPG


光が眩しい。
DSC_6933_001.JPG


めぎがあちこち写真を撮っている間、うちのドイツ人はただずっとここを見下ろしていた。緑や、その中にいる鳥や、水の中の魚を見ていたのだそう。でも、ここに来られた喜びよりも、筋肉が弱ったからなのかあちこち痛み、楽しくは全然なかったそうだ。
DSC_6946_001.JPG


でも、痛いからと諦めてしまうと何もできずどこにも行けない身体になってしまうので、この後もめぎに時間のある限り散歩に出ている。現在のところは毎回同じ所までだけど。いつかはめぎ無しでも出かけられるようになるだろうが、今はまだ念のため。
DSC_6948_001.JPG


あと5メートル歩けばこんなのや…
DSC_6952_001.JPG


こんなのも見られるのだけど、それはまたいつの日か。
DSC_6960_001.JPG


この春の爆発的なエネルギーに普通は元気をもらえるように思うけど、傷つき老いてきた身体と心にはちょっと堪えるのだな。まだ、また動き回れるようになりたい、と思っているから頑張れるけど、回復は本当にゆっくりゆっくり。痛みに耐える毎日を送るようになってもう半年以上、しんどいはずだわね。
DSC_6963_001.JPG
nice!(32)  コメント(10) 

nice! 32

コメント 10

向日葵

ご本人は勿論ですが、こうして見守っていらっしゃる
Megiさんも、心身ともにかなり辛い日々が続いていますね。
もう半年も経ちましたかー!(まだ半年、とも言います)
「ゆっくりゆっくり」に負けないで、回復を信じて
毎日のリハビリを続けて下さいね!
by 向日葵 (2024-05-14 03:08) 

Baldhead1010

蜜蜂が居る環境、うらやましいです。

当地ではネオニコチノイド系の農薬の乱用により、ミツバチは激減しており、虫媒による果実の結実が阻害されています。
by Baldhead1010 (2024-05-14 06:24) 

mm

それにしても永い療養(?)ですね。相当ひどい怪我と言うか骨折だったのですね。
姑が背骨を骨折したときは、しばらく入院、その後 家で舅に付き添ってもらってやはり歩行訓練したようです。わたくしがアメリカに行っていた間の出来事で、どの程度だったかわからないけれど。
鬼嫁が帰ってくるまでには普通に歩けるようになっておこうと頑張ったようです^^
by mm (2024-05-14 06:45) 

YAP

長く住んでいると街の変化に気づきにくいですが、たまに見る景色だと以前との違いに驚くことはありますね。
ドイツ人さん、歩みはゆっくりかもしれませんが、回復方向には進んでいるので、この先も少しずつ元の状態を取り戻していくのでしょう。
めぎさんも、お疲れになりませんように。
by YAP (2024-05-14 08:20) 

ナツパパ

リハビリって年を取るとゆっくりですものね。
ご主人のお気持ちよく分かります...それを気遣うめぎさん大変ですが、
でも、お二人良いパートナーだなあ、と記事を拝見しました。
by ナツパパ (2024-05-14 11:16) 

JUNKO

そんな近くで養蜂ができる環境はいいですね。こちらでは考えられません。
by JUNKO (2024-05-14 11:55) 

(。・_・。)2k

俺も3週間の入院後 退院して直ぐに梅ちゃん撮りに行ったら
ぜんぜん歩けなくて焦りました 苦しいとかはないのに
体がぜんぜん動けなくて前に進めませんでした
もどかしいでしょうけど 動けば戻るので無理せずに
ゆっくり体を慣らすしかないんですよねぇ
by (。・_・。)2k (2024-05-14 12:15) 

テリー

脊柱管狭窄症で、長年、痛みで、苦しんでいる私には、ドイツ人さんのつらさは、わかります。
私も一時、ほとんど歩けなくなった時も、あります。
by テリー (2024-05-14 13:41) 

Inatimy

養蜂箱があるのはいいですね。どれだけ蜂蜜が取れるのかしらね^^。
最後の写真も可愛らしい一枚。 
丸っこい花弁に囲まれたシュワシュワしたようなシベの花、
小さな世界にも目を向けるのは楽しく。
by Inatimy (2024-05-14 19:54) 

おと

蜂さんたちが、減っているそうですから、大切ですね^^
イギリスも、蜂を大切にしようというポスターがあちこちにあって、地元産蜂蜜が販売されています。
ずっと身体が痛いというのは、とてもしんどいことですね。
すこしずつですね~。
by おと (2024-05-14 20:43)