So-net無料ブログ作成

シュテファン・ツヴァイクのヴィラなど [2019年夏 ザルツブルク]

現在、この夏のザルツブルクの話を連載中。

ここは、カプツィーナー修道院から行きに登った道とは違う別の階段を降りてきたところ。
d1.jpg


ここにこんな門の家がある。
d2.jpg


そしてその足元に、ここにシュテファン・ツヴァイク(オーストリアの作家)が住んでいたという表示がある。
d3.jpg


緑の中から垣間見える家はものすごく大きい。今は別の持ち主のプライベート空間であるため全く公開されていない。
d4.jpg


その建物、全体像がWikipediaに載っていた。ドイツ語でPaschinger Schlösslという名で、つまり城という名がついている建物である・・・シュテファン・ツヴァイクって、ユダヤ人であるために15年住んだこの家を追われたのだが、もともとはこんな大きな持ち家ができるとんでもなく裕福な人だったのね・・・

PaschingerSchlössl.jpg
Von Anton-kurt - Eigenes Werk, CC BY-SA 3.0 at, Link




そこからどんどん山を降りていく。ずいぶん降りてきたわねえ。
d5.jpg


そこそこの坂道なのだが、子どもたちが駆け上がってきた。元気ねえ。名札をぶら下げていたので、たぶん夏休みのキャンプのようなものなんだろうな。キリスト教団体がやっているイベントで、カプツィーナー修道院に行くところなのだろう。
d6.jpg


このあとめぎたちはカフェで朝食を取って、買い物をして宿に戻ったのだが、そのカフェの話は日を改めることとし、ここからは午後にスマホのカメラで撮ったもの。あの有名な墓地に、真新しい鉄細工の墓標がたくさん並んでいた。と言っても新しく葬られた人のではなく、18世紀に亡くなった人たち・・・どうしてなのかな。
d7.jpg


この墓標とは関係ないのだが、そこから岩山に目を写すと、以前中を見たカタコンベが岩に張り付いている様子がよく分かる。
d8.jpg


特に、左端のこの部分(これはトリミング)・・・岩山の中をくり抜いた部屋があるというのがわかるわね。ここの中で2015年に撮った写真はこちらで、2016年にはここには入っていなくて、2017年に撮った写真はこちら。2018年のはまだ記事にしていない。
d9.jpg


2017年のザルツブルクの話もまだ中途半端で、その年はその後にドイツを旅した話も書きたいし、2018年の話に到達するのはいったいいつになるかしらねえ・・・

この日は結局一日中こんな雲だった。山登り中に日が差して、ホントラッキーだったな・・・
d10.jpg


山登りの話は終わったけど、8月14日の話はまだ続く。
nice!(27)  コメント(6) 

nice! 27

コメント 6

Baldhead1010

落葉樹に囲まれたお家、憧れます。
庭にある落葉樹と言えば・・・ケヤキだけですね。
by Baldhead1010 (2019-09-08 04:26) 

YAP

昨年書かれていた記事へのリンクへ飛んで、このカタコンベを思い出しましたよ。
外から見ると、かろうじて窓とかでわかるくらいですね。
by YAP (2019-09-08 06:37) 

(。・_・。)2k

岩山に部屋があるって凄いですね
掘り続ければ部屋が広がるって夢がありますねぇ

by (。・_・。)2k (2019-09-08 14:10) 

mimimomo

ゆったりとしたお庭のあるうちは良いですね。空間があるのが良い。日本のうちはせせこましくって・・・
by mimimomo (2019-09-08 14:28) 

Inatimy

墓標が古くなって朽ちて来たから交換なのかしらね。
18世紀の人達のお墓、ずっと後も大事にされてるの、いいですね^^。


by Inatimy (2019-09-08 18:46) 

テリー

カタコンペ、一度みたいですね。
by テリー (2019-09-08 21:29)