SSブログ

トラヤヌスの記念柱 [旅行]

wakatateさんの昨日のブログに、アンコール・トムのレリーフが載っていた。
素晴らしい。行ってみたいなー

似たようなレリーフをローマで見たことを思い出した。
これだ。

これはトラヤヌス帝のダキア(ルーマニアのあたり)遠征勝利を描いた記念柱で、皇帝の墓として113年に建てられ、実際に皇帝が死んだ117年にここへ葬られたという。高さは40メートル、19個の巨大な大理石を積み上げて作られたものだ。

よくもまあこんなに精巧に作ったものだ。


nice!(7)  コメント(6) 

nice! 7

コメント 6

みほ

これは大理石でしょうか?
精巧ですね。
あなた様の記述以外、書く言葉がございません。
はせをも、奥の細道の、汐越しの松の項で言ってます。
一度でいいから言いたかったです。
by みほ (2006-10-26 07:14) 

とよっち

バックの青空が綺麗ですね。
らせん状に描かれ(彫られ)ているんでしょうか?
世界旅行をしている気分になれました。
by とよっち (2006-10-26 13:00) 

y-y-ventuers2

建物の白と真っ青な空のコントラストが美しい・・・という言葉では
足りないくらいです。この美しさに言葉がありません。。
こんなのを造った棟梁(?)はスゴイ!! (笑
by y-y-ventuers2 (2006-10-26 15:01) 

wakatate

高さ40mの大理石で作られた円柱、どのようにして彫刻されたのでしょうね、
上の方はどのようにして、見るのでしょうね、
ヨーロッパで掘り出される大理石は、材質が硬く色も綺麗ですね、
これでしたら、永遠に崩れないでしょうね。
by wakatate (2006-10-26 21:09) 

ada

素晴らしい彫刻ですね。イタリアには信じられないような石の建造物がありますね。
by ada (2006-10-27 00:37) 

めぎ

みなさま、こんばんは。

>みほさま
大理石ですよ。ローマに行くとこんなのばっかりです。強大な帝国だったことを知らされます。

>とよっちさま
らせん状に彫られているかはよく見てません。中は螺旋階段でした。

>夏のひまわり様
イタリアはドイツと違って南国で、青空が本当に綺麗で気候も暖かく、なんといっても歴史が古く、ドイツ人の憧れの地です。

>wakatateさま
上のほうはどうやって見るのか・・・そういうことを考えていないみたいです。大聖堂や宮殿など、上のほうの彫刻や絵は見えませんが、隅から隅まで装飾されてます。

>adaさま
イタリアではあまりに凄いものがあり過ぎて、なんだか慣れてしまうのですが、この記念柱にはひきつけられました。
by めぎ (2006-10-27 02:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。